メールアーカイブとは?

なぜメールアーカイブが必要なのか?

メールアーカイブは送受信したメールを自動的に保存する仕組みです。アーカイブされたデータは一般的には削除・改ざんすることができないため、内部統制やJ-SOX法対策、そして徹底した情報管理が要求される現代社会におけるリスク管理にも有効な手段になります。そのため、メールアーカイブには万一の事態に備えた「保存性」「検索性」そして「セキュリティ」の3大要件が求められます。

アーカイブデータの保存期間は?

アーカイブされたメールを永久に保存するわけにはいきません。多くの場合、保存にかかるリソースやコストを考慮して、法令等に適合する範囲で一定の保存期間を決めて運用することとなります。

Active! vault SSは保存期間を選べます。
1年間3年間5年間

メールアーカイブの3大要件

メールアーカイブの3大要件

メールアーカイブにActive! vault SSが選ばれる理由

長期間安定してメールアーカイブを運用していくためには「保存性」「検索性」そして「セキュリティ」を担保しつつ、コストを抑えるという難しい課題がついてまわります。
Active! vault SSは、“シンプル&セキュア”な4つの特長で高い実用性とローコストを両立し、多くのお客様に選ばれています。

柔軟な設定で必要なメールだけをリアルタイムで保存

登録されたアドレスやドメインのみを保存する「対象設定」、部署やプロジェクト単位の保存が可能な「グループ設定」、細かく条件を設定し必要なメールを選別して保存する「ポリシー設定」により、必要なメールだけを確実にリアルタイムで保存。企業や部門ごとのポリシーに対応した内部統制を実現します。

日本語対応ときめ細かい条件設定でメールを的確に検索

検索ユーザーは与えられた権限内でメールを検索・参照でき、検索結果のダウンロードが可能。受信期間、送受信メールアドレス、件名、本文内容/添付ファイル内容、添付ファイル有無、添付ファイル名、Massage ID、ポリシーなどの細かい条件設定で確実な検索が可能です。

また、詳細情報画面ではメールが改ざんされていないことを表示します。

アクセスコントロール・操作履歴・機密データ保護

メール検索の操作ができる検索ユーザーを制限できることが可能(3人まで作成可)で、IPアドレス、検索対象ドメイン・アドレス、期間・曜日・時間帯などでアクセスコントロールもできます。システム管理者は全ユーザーのログイン履歴・システム履歴・検索履歴を参照できます。

また、管理者と検索ユーザーを分離することで機密データの保護も可能です。

メディアの有効利用で長期間のデータ保存が可能に

毎月のメールデータを記憶メディアで送付するサービスを実施しております(保存1年間の場合は1年後から)。Active! vault SSで定期的にアーカイブが作成できるだけでなく、そのデータが記憶メディアで自動的に送付されますので、管理負荷の軽減と安全で長期間のデータ保管を可能にします。

メディア送付サービスとは?

クラウド上にアーカイブされたメールは、保存にかかるリソースやコストの問題、セキュリティの観点から、そのまま永久に保存しておくわけにはいきません。
Active! vault SSは、クラウド上で一定期間の保管終了後、月ごとのメールデータを記憶メディアで送付しています。
記憶メディアを有効利用すればローコストで5~10年といった長期間のデータ保存も可能です。

リアルタイムにクラウド保管

送受信メールをリアルタイムでアーカイブし、管理画面で柔軟な条件設定ができるので検索性に優れています。

選べる保存期間

1年間3年間5年間

ローコストにメディア保管

クラウド上で一定期間の保管終了後、月ごとのメールデータを記憶メディアで送付します。検索性にはやや劣りますが、ローコストで長期間の保存が可能です。

無料トライアルやお申し込みについてのご相談は、販売パートナーか、当社窓口までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは03-5623-253003-5623-2530